みみ太郎SX-009はこんな時に役立ちます!

みみ太郎
みみ太郎にはモバイル型のSX-011-2と室内用のSX-009がラインナップされています。

 

今回はみみ太郎SX-009の特徴についてご紹介します。
モバイル型のSX-011-2は、外出先で使いたい人や家の中でも活動が多い人におすすめです。

 

これに対して、みみ太郎SX-099は室内用で置き型タイプとなっています。なので、家族で団欒するときや職場における会議室などで活躍してくれます。

 

映画や音楽、コンサートや講演会を楽しみたいときも、この室内置き型タイプがおすすめです。

 

置き型といっても、そこまで大きいというわけではありませんので、持ち運びに不便ではありませんし、ベッド周りでもスムーズに使用することができるので重宝します。

 

みみ太郎は耳元で音を大きくするのではなく、普通に自然の音をそのまま聴けるように開発されています。

 

ですから、とても聴き取りやすく、家族との会話も自然に聴こえるようになったり、テレビの音量を大きくしなくてもかまいません。

 

また、今まで使っている補聴器での聴き取りしかイメージできないという人もいらっしゃるでしょう。そんな方の為に公式サイトでは購入前に無料でお試しができるのです。

 

みみ太郎SX-009の価格は50000円。いきなり購入するには少し勇気がいりますよね。

 

なので、まずは無料で10日間、色々な場所で使ってみて、使い続けたいなと思ったら購入手続きをしてみてはいかがでしょうか。

 

>>みみ太郎 公式限定キャンペーンはこちらから

 

 

イヤホンについて【市販品で代用できる?】

イヤホン
みみ太郎は付属のイヤホンを市販のものに替えることはできるのでしょうか。

 

その点について調べてみましたが、問題ないようですね。壊れてしまったときや付属品がご自分の耳に合わないときは、市販のものに替えることができますよ。

 

みみ太郎の付属のイヤホンには大・中・小の3サイズがあります。3つの大きさのうち、自分にぴったりなものを選んでくださいね。

 

ぴったりでないと、聴こえにくかったり、長時間つけていれば耳が疲れてしまうということもあると思います。しかし、耳の形は人それぞれですから、3つのタイプのどれも合わないという人もきっといるでしょう。

 

また、使っているうちに壊れてしまうという人もいると思います。このようなときは、市販のイヤホンで代用すると便利ですね。

 

市販のイヤホンといってもさまざまありますが、まず、みみ太郎の差込の部分が合うものを探すようにしましょう。その中でも比較的、みみ太郎と相性が良いとされているのは、ソニー製、ビクター製となっています。

 

すでに市販のイヤホンに替えている方はソニー製、もしくはビクター製にされているようです。もし、よく分からないからどうしよう・・・と困ったことがあれば、公式サイトから問い合わせすることもできます。

 

お電話での問い合わせもOKなので遠慮なくご質問されてくださいね。すごく親切な会社ですから優しく分かりやすく教えてくれますよ。

 

 

≫ TOPページ